突攻!メイドサンダー!1巻

先ほど1巻を読み終わりましたが、これも面白いですね〜。


両親が海外へ行き、1人暮らしになった山田雅人(16)の家に父親が雇った冥怒(メイド)がやってきたのですが、
サラシを巻き、手には木刀、赤い特攻服を着たどっからどう見てもゾッキーにしか見えない格好。
でも背中には「喧嘩上等」じゃなく「家事上等」や「炊事」「洗濯」「掃除」とメイドらしいww
一応「喧嘩」って文字も書いてありますけどもね。頭にはちゃんとカチューシャをしています。
格好と喧嘩っ早い以外はメイドとしての仕事をちゃんとこなしてるので、そのギャップがまた面白いです。
乗ってるバイクは改造単車…まぁ暴走族の乗るような単車と想像してもらえれればw


メイドの名前は山田摩騎、人呼んで「電光石火のサンダー摩騎」だそうですw ちょっとツンデレ
格好はまんま昭和の不良なんですが、メイドとしての腕は完璧。家事全般、料理も上手い。
後から青葉香奈という袴を着たメイドも登場。こちらは人呼んで「セイバー香奈」との事。
落ち着いた感じで摩騎よりはまともっぽい…のですが、摩騎に良いように遊ばれてます。
摩騎と料理対決し負けた時の「メイドとは 迷道(メイド)と 見つけたり」が最高。
2巻も楽しみです。明日あたり読もうかな。神様家族も。


セキレイは、1巻の半分ぐらいしかまともに読んでないのですがね(´Д`;



そして…